EC2のインスタンスを作成してみた

前回はEC2についての基本的なことを勉強しました(前回の記事
その上で実際にEC2のインスタンスを作成してみます。

リージョンの選択

AWSコンソールページの右上にあるドロップダウンメニューでEC2のインスタンスを作成するリージョンを選択します。今回は低コストに抑えられるオハイオを選択します

EC2ダッシュボード

リージョンを選択したらページ真ん中あたりにある「インスタンスの作成 」をクリックして次に進みます

AMIの選択

Amazon Linux 2 を選択します。

AMIの選択

インスタンスタイプの選択

無料利用枠対象の t2.micro を選択します。

インスタンスタイプの選択

インスタンスタイプを選択したら、次の手順に進みます。

インスタンスタイプの設定

デフォルト設定のまま次の手順へ進みます。

インスタンスタイプの設定
ネットワークやIAMロールはしっかり理解して設定

ストレージの追加

デフォルト設定のまま次の手順へ進みます。

ストレージの追加
サイズは利用用途に応じて設定を変更

タグの追加

デフォルト設定のまま次の手順へ進みます。

タグの追加
インスタンス一覧で分かりやすくしたい時にはキーに「Name」、値に分かりやすい名前を入力

セキュリティグループの設定

既存のセキュリティグループを選択するにチェックし、表示されたリストでデフォルトのセキュリティグループIDにチェックをいれます。

セキュリティグループの設定
実運用ではインスタンスの用途に合わせてセキュリティグループを設定

インスタンス作成の確認

ここまで入力した内容を確認し、画面右下より起動

インスタンス作成の確認

キーペアの作成

新しいキーペアの作成を選択し、キーペア名を入力
入力したらキーペアのダウンロードをする。

ダウンロードしたキーペアファイルは今後EC2のインスタンスへSSH接続する際に必要になるのでしっかりと保管してください

キーペアの作成

最後に 画面右下のインスタンス作成で完了です

インスタンスの確認

起動されたインスタンスは左メニューのインスタンスページで
作成されたインスタンスが起動されていることが確認できます。

インスタンスの確認
インスタンスの停止
起動したインスタンスはそのままにしておくと料金が発生してしまいます。
使わなくなったらインスタンスを選択しアクションメニューからインスタンスの状態-停止をクリックしインスタンスを停止しておきましょう

最後に

少し長くなってしまいましたが、このようにコンソール上の操作のみで簡単にEC2のインスタンスを作成することができました
次は作成したインスタンスにSSH接続してみます

次の記事へ