Googleデータポータルを使ってみる

BIツールについて調べる機会があり Googleデータポータル を実際に利用してみて使い勝手などを調べてみました。

Googleデータポータルとは

  • Googleが無償で提供するBI(ビジネス・インテリジェンス)ツール
  • グラフや表を簡単に作成することができる
  • Googleが提供する多くのツールと連携することができる
  • 作成したレポートはGoogleドライブの共有設定で共有できる
  • データソースにBigQueryを使う場合はBigQueryの料金は別途発生する

レポート作成

ホーム右下の「+」ボタンより新規にレポートを作成します。
次にデータソースを選択します。
ここではBigQueryの標準サンプルで存在する「[Sample] YouTube Data」を利用します。

基本となる円グラフ、棒グラフ、スコアカードを使い最終的にできたレポート

操作感に慣れるまで若干手間取りましたが小一時間でこのくらいものは作成できました。

使用感

  • 簡単なグラフなら直感的な操作で簡単に作成可能
  • フィルタ機能も期間、プルダウン形式のものを簡単に設置可能
  • グラフのカラーリングもきれいでレポートのデザインも作成者のこだわり次第でいいものに仕上げることが可能
  • Googleアカウントさえあればレポートの共有も簡単に可能
  • 複雑な集計が必要になる場合はデータソースの作成時にカスタムクエリである程度の集計をしておくのがよさそう

最後に

Googleアカウントだけでこれだけの機能がお手軽に利用できるのは本当にすばらしいです。これからどんどん利用していきたいと思います!